Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究

九州大学とスカイディスクは、スマートファクトリー向けのセキュアなクラウドプラットフォームの共同研究を開始した。

同研究は、IoTやAIを活用するスマートファクトリーにおいて、安全な運用を維持するためのセキュアなプラットフォームについて共同研究を進めるもの。

ブロックチェーンや、製造後に構成を設定できる集積回路であるFPGAを活用することで、サイバー攻撃を受けた場合や、データが改変された場合にも安全を確保するという。

共同研究にあたり、スカイディスクが「IoTクラウド環境」と「AIモデル」を提供。九州大学のサイバーセキュリティセンターは、セキュリティアルゴリズムの「FPGA実装」によるパフォーマンスの向上や実現性について研究する。研究期間は2019年3月31日まで。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
オムロン製FA統合ツールパッケージに複数の脆弱性
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
2サイトでカード情報含む個人情報が流出した可能性 - エンファクトリー
DMG森精機と日本MS、制御システムのセキュリティ対策で技術協力