Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も

セキュリティ更新となる「WordPress 4.9.7」で修正された脆弱性の詳細が公表されている。悪用されると設定ファイルなどを削除され、コードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、RIPS Technologiesのセキュリティ研究者が、バグバウンティプラットフォーム「Hackerone」を通じて2017年11月にセキュリティチームへ報告したもの。その後開発チームへ連絡を取るものの応答がなく、7カ月にわたり脆弱性が放置されているとして、6月末に詳細を公表している。

脆弱性は「同4.9.6」以前に存在。脆弱性は、画像や動画ファイルの編集したり削除できる「投稿者(Author)」の権限を持つユーザーによって悪用されるおそれがあり、本来削除できないファイルの操作が可能となる。

具体的には、アクセス制限を行う「.htaccess」やインデックスファイルなどが削除できることにくわえ、設定ファイルである「wp-config.php」を削除して初期化することが可能。

サーバー上で任意のコードが実行されるおそれもあり、大きな影響を及ぼすおそれがあると研究者は影響の大きさについて指摘し、パッチが提供されるまでの一時的な対策として独自の「Hotfix」を公表していた。

(Security NEXT - 2018/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測