Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターの代表理事に明治大学総合数理学部教授の菊池浩明氏が就任したと発表した。

同氏は、2014年より同センターの理事を務めてきたが、6月21日に開催された同センターの理事会で代表理事に就任した。

就任にあたり同氏は、「サイバーセキュリティインシデントは、日々巧妙化し目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもある」と述べ、「JPCERTコーディネーションセンターだからできることや担うべき役割をつねに考え、揺るぎない軸を持ち、これからもサイバーセキュリティインシデントがなくなる日を目指し活動していく」とあいさつの言葉を寄せている。

退任した前代表理事の歌代和正氏は、専務理事に就任。引き続き同センターの活動に参画していくとしている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
「EC-CUBE」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版などリリース
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を