Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターの代表理事に明治大学総合数理学部教授の菊池浩明氏が就任したと発表した。

同氏は、2014年より同センターの理事を務めてきたが、6月21日に開催された同センターの理事会で代表理事に就任した。

就任にあたり同氏は、「サイバーセキュリティインシデントは、日々巧妙化し目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもある」と述べ、「JPCERTコーディネーションセンターだからできることや担うべき役割をつねに考え、揺るぎない軸を持ち、これからもサイバーセキュリティインシデントがなくなる日を目指し活動していく」とあいさつの言葉を寄せている。

退任した前代表理事の歌代和正氏は、専務理事に就任。引き続き同センターの活動に参画していくとしている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
「EC-CUBE」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートが公開
「BIND 9」に2件のサービス拒否脆弱性 - アップデートが公開
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
ソニー製ワイアレスヘッドホンに脆弱性 - 第三者がペアリングするおそれ
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース