Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターの代表理事に明治大学総合数理学部教授の菊池浩明氏が就任したと発表した。

同氏は、2014年より同センターの理事を務めてきたが、6月21日に開催された同センターの理事会で代表理事に就任した。

就任にあたり同氏は、「サイバーセキュリティインシデントは、日々巧妙化し目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもある」と述べ、「JPCERTコーディネーションセンターだからできることや担うべき役割をつねに考え、揺るぎない軸を持ち、これからもサイバーセキュリティインシデントがなくなる日を目指し活動していく」とあいさつの言葉を寄せている。

退任した前代表理事の歌代和正氏は、専務理事に就任。引き続き同センターの活動に参画していくとしている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性