Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所

大阪商工会議所は、セミナー申し込み用のウェブサイトにおいて申込者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同会議所によれば、6月20日から翌21日にかけて、管理者画面からセミナー参加者名簿が第三者に流出したことを確認したもの。

流出したのは、2月9日以降に募集を開始したセミナーの申込者名簿で、申込者の氏名や連絡先住所、電話番号、メールアドレス、勤務先企業名、役職など6016件の個人情報が含まれる。

職員のミスにより6月14日から21日にかけてセミナー申し込み用ウェブサイトの管理者画面へ、インターネット経由でアクセスできる状態だった。流出した情報をもとに不審なメールが送信されたり、電話があったなど二次被害の報告は受けていないという。

同会議所では、対象となる申込者にメールまたは書面で謝罪を行う予定。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ