Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省とIPA、セキュリティに関する情報交流の場を提供

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティ対策におけるニーズやシーズのマッチングを目的として、メンバーを限定しない情報交流の場となる「コラボレーション・プラットフォーム」を設置する。6月13日に第1回会合を開催する。

同省では、産業が直面するサイバーセキュリティの課題や、関連政策の推進に向けて産業サイバーセキュリティ研究会を設置。セキュリティ対策のニーズの明確化や、セキュリティ産業におけるシーズの創出などを進めており、その一環としてユーザー企業やITベンダー、研究者などが、サイバーセキュリティ対策に関する情報交流を行う場を提供する。

同プラットフォームでは、国内外におけるサイバーセキュリティ政策に関する動向について情報提供するほか、質問や意見なども受け付ける。

第1回会合を、6月13日に都内のIPAで行う。参加申込は事前にメールで受け付ける。締め切りは6月8日12時。情報交換会へ参加する場合は、実費として3000円が必要。プログラムや申し込みなど詳細はIPAのサイトから。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
総務省、迷惑メールの情報交換でカナダ当局と協力覚書締結
個人情報保護委、コミッショナー国際会議の正式メンバーに
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
ブロックチェーン推進協会が発足 - 34社が参加
ラックと三重県警、共同対処協定を締結
スイーツ付き! 女性限定CTFワークショップの第2回が開催
日韓のセキュリティ組織が定期会合を開催
サイボウズ、バグハンターのための合宿イベント開催 - 参加者交流や技術向上を支援
準備周到な「やり取り型」標的型メールが増加 - グループメールに潜入するケースも