Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、仮想環境に対応したファイル暗号化ソリューション「InterSafe FileProtection Basic」を発売した。

同製品は、指定したフォルダにファイルをドラッグ&ドロップすることで暗号化できるソリューション。契約者ごとに設定されたキーにより、AES128ビット、あるいは256ビットで暗号化する。

復号には専用アプリケーション「InterSafe FP Client」を使用。ファイルをダブルクリックすると、復号化した上で対象のアプリケーションからファイルを開くことが可能。復号の際にネットワーク経由で管理サーバと通信する必要があり、未導入の端末では復号できないとしている。

パスワードを設定したOfficeファイルやPDFファイルの取り扱いにも対応。また暗号化や復号化を行った際のログを記録することができる。価格は1ライセンスあたり9720円から。

(Security NEXT - 2018/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開