Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、仮想環境に対応したファイル暗号化ソリューション「InterSafe FileProtection Basic」を発売した。

同製品は、指定したフォルダにファイルをドラッグ&ドロップすることで暗号化できるソリューション。契約者ごとに設定されたキーにより、AES128ビット、あるいは256ビットで暗号化する。

復号には専用アプリケーション「InterSafe FP Client」を使用。ファイルをダブルクリックすると、復号化した上で対象のアプリケーションからファイルを開くことが可能。復号の際にネットワーク経由で管理サーバと通信する必要があり、未導入の端末では復号できないとしている。

パスワードを設定したOfficeファイルやPDFファイルの取り扱いにも対応。また暗号化や復号化を行った際のログを記録することができる。価格は1ライセンスあたり9720円から。

(Security NEXT - 2018/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス