Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村

山梨県忍野村観光協会において、イベント参加者などの個人情報が流出したことがわかった。当初、ウェブサイトの改ざんが発生していたが、情報流出の被害には気が付いていなかったという。

同村によれば、観光協会の委託先であるサイト管理事業者のレンタルサーバが不正アクセスを受け、同協会主催のイベント参加者らのべ647人の氏名、住所、メールアドレスが流出したもの。

3月16日に個人情報が海外のサイトに掲載されているとの通報が匿名であり、同村が調査したところ事実であると判明した。同月1日に約20回の不正アクセスがあり、データベースの脆弱性を突かれたという。不正アクセスの発信元は特定できていない。

問題が発覚する以前の同月1日に、同協会では県警よりウェブサイトの改ざんについて指摘を受けており、サイト内の新着情報が書き換えられていたことが判明していたが、情報流出については気が付いていなかった。

同村では、個人情報が掲載された海外サイトに対し削除依頼を行っているが、返答はないという。同村では流出の対象者に謝罪のメールと書面を送付。情報の悪用など、二次被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
もみじまんじゅう老舗店に不正アクセス - 偽画面でクレカ情報詐取被害