Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市

宮城県東松島市は、ファイルサーバより関係ない人事情報を不正に閲覧、取得していた職員に対して懲戒処分を実施した。

同市によれば、問題の職員は、勤務時間中に同市のファイルサーバへアクセスし、管理規定で閲覧が禁止されている担当業務とは関係ない人事関連情報など含むファイル44件を閲覧、取得していたことが明らかになったという。

同市がパソコンの不正使用状況について調査を実施したところ、問題が発覚。2017年9月12日から2018年2月14日までの約5カ月間のうち、25日においてファイルへアクセスを行っており、自身で利用する業務パソコン上にコピーしたデータを保存していた。

ファイルサーバやファイルそのものにパスワードは設定されていなかった。不正取得されたファイルについて、職員本人への聞き取り調査からは、外部への漏洩は確認されていないとしている。またこれらファイルにマイナンバーの記載はなかった。

同市では今回の問題を受け、3月22日付けで同職員に対し戒告の懲戒処分を実施。管理監督者である上司2人を口頭注意とした。

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性