Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院

山形県立中央病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンの所在がわからなくなっている。

同院によれば、紛失が判明したのは医師が所有するノートパソコン。2月28日に同医師がパソコンを置いていた更衣室から持ち去られていることに気が付いた。

問題の端末には、学会発表に用いるデータベースや手術記事などを保存しており、約700件の患者情報が含まれる。保存されているデータは暗号化されているという。院内を探索したが発見できず、3月12日に警察へ届けた。

同院では今回の問題を受け、入室管理システムの導入など、施設管理を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高