Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院

山形県立中央病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンの所在がわからなくなっている。

同院によれば、紛失が判明したのは医師が所有するノートパソコン。2月28日に同医師がパソコンを置いていた更衣室から持ち去られていることに気が付いた。

問題の端末には、学会発表に用いるデータベースや手術記事などを保存しており、約700件の患者情報が含まれる。保存されているデータは暗号化されているという。院内を探索したが発見できず、3月12日に警察へ届けた。

同院では今回の問題を受け、入室管理システムの導入など、施設管理を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院