Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院

山形県立中央病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンの所在がわからなくなっている。

同院によれば、紛失が判明したのは医師が所有するノートパソコン。2月28日に同医師がパソコンを置いていた更衣室から持ち去られていることに気が付いた。

問題の端末には、学会発表に用いるデータベースや手術記事などを保存しており、約700件の患者情報が含まれる。保存されているデータは暗号化されているという。院内を探索したが発見できず、3月12日に警察へ届けた。

同院では今回の問題を受け、入室管理システムの導入など、施設管理を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に