Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞

総務省は、セキュリティ分野で功績がある個人や団体を表彰する「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の受賞者を発表した。

同賞は、「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」の施策のひとつで、2017年度からあらたに創設された表彰制度。企業や地方自治体、団体におけるサイバーセキュリティ向上に向けた取り組みで優れた功績があり、今後も活躍が期待される個人または団体を表彰する。

同省では表彰に先立ち、2017年10月10日から11月30日まで応募や推薦による公募を実施。選考委員からの推薦もあわせて選考委員会で審議、決定した。表彰式は2月中に同省内で行う予定。

個人では、セキュリティカンファレンス「CODE BLUE」を立ち上げたBLUE代表取締役の篠田佳奈氏と、セキュリティ分野の研究に携わり、積極的な情報発信などを通じて、同分野で視覚障害者が活躍できることを明らかにしたラックの外谷渉氏が選出された。

団体では、リクルートグループのCSIRTが受賞。自社で発見した脆弱性の分析や経験を一般に公開するなど、民間企業のサイバーセキュリティ向上に寄与する活動が評価された。

(Security NEXT - 2018/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも