Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず

宮城県食品輸出促進協議会のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。ランサムウェア「Ransomnix」との関連する英文が表示される状態だったという。

同県によれば、同協議会のウェブサイトが改ざんされ、アクセスすると「JIGSAW RANSOMNIX 2018」の英文とともに、金銭を要求する内容のページが表示される状態に陥ったもの。2月19日10時過ぎ、同県担当者が同サイトへアクセスした際、改ざんされていることに気が付いた。

サイトの管理業務を委託している事業者へ確認し、同日11時半にサーバが不正アクセスを受けていることが判明したため、同サイトを閉鎖した。

同サイトの閲覧者におけるマルウェア感染などの影響は確認されていないと説明。また同サイトは商品紹介などに利用されており、個人情報は含まれていないという。改ざんの原因については調査中としている。

(Security NEXT - 2018/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも