Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず

宮城県食品輸出促進協議会のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。ランサムウェア「Ransomnix」との関連する英文が表示される状態だったという。

同県によれば、同協議会のウェブサイトが改ざんされ、アクセスすると「JIGSAW RANSOMNIX 2018」の英文とともに、金銭を要求する内容のページが表示される状態に陥ったもの。2月19日10時過ぎ、同県担当者が同サイトへアクセスした際、改ざんされていることに気が付いた。

サイトの管理業務を委託している事業者へ確認し、同日11時半にサーバが不正アクセスを受けていることが判明したため、同サイトを閉鎖した。

同サイトの閲覧者におけるマルウェア感染などの影響は確認されていないと説明。また同サイトは商品紹介などに利用されており、個人情報は含まれていないという。改ざんの原因については調査中としている。

(Security NEXT - 2018/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム