Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会

日本不動産鑑定士協会連合会は、サーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。攻撃者によりランサムウェアの設置が試みられたが、防ぐことができたという。

同会によれば、2017年12月10日に会員管理システムや実務修習管理システムなどに利用するサーバが不正アクセスを受けたもの。不自然な再起動が発生したことから調査を行ったところ判明した。

同連合会では、不正アクセス判明後にサーバを外部ネットワークから遮断。調査を行ったが、情報流出が疑われる操作の痕跡などは確認されなかったとしている。

また今回の不正アクセスでは、サーバにランサムウェアの設置が試みられたが、セキュリティ対策ソフトにより防いだという。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
サーファー向け情報サイトでパスワードなど流出
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認