Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会

日本不動産鑑定士協会連合会は、サーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。攻撃者によりランサムウェアの設置が試みられたが、防ぐことができたという。

同会によれば、2017年12月10日に会員管理システムや実務修習管理システムなどに利用するサーバが不正アクセスを受けたもの。不自然な再起動が発生したことから調査を行ったところ判明した。

同連合会では、不正アクセス判明後にサーバを外部ネットワークから遮断。調査を行ったが、情報流出が疑われる操作の痕跡などは確認されなかったとしている。

また今回の不正アクセスでは、サーバにランサムウェアの設置が試みられたが、セキュリティ対策ソフトにより防いだという。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
ライブハウスのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
宿泊プラン比較サービスのメルアカに不正アクセス - ヘッダ情報が流出
掃除用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か