Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル

KPMGコンサルティングは、EUの「一般データ保護規則(GDPR)」に対する対応状況を点検するためのチェックリストを公開した。

同ツールは、5月25日に施行予定の「EU一般データ保護規則(GDPR)」への対応状況を診断するための簡易的なチェックリスト。

「GDPR対応プロジェクトの運営状況」「管理組織と業務プロセスの整備」「安全管理対策の導入」「個人データ国際移転に係る対応」「ルールの浸透、点検活動状況」の観点から、16の設問を用意。「グループ全体で実施済み」「一部会社にて実施済み」「検討中(未対応)」のいずれかを選択することで、対応状況を診断する。

各設問では、「グループ全体で実施済み」ではない場合に検討すべき事項を解説。チェックリストは同社のウェブサイトで公開されており、無料で利用できる。

(Security NEXT - 2018/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
PwC、グローバル企業向けに個人情報保護法令の準拠支援サービス