Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも

ウェブアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」における既知の脆弱性を悪用する攻撃が、2017年12月下旬より報告されているとしてセキュリティ関係機関が注意を呼びかけている。

悪用が確認されているのは、ウェブサイトや企業アプリケーションで利用されている「Oracle WebLogic Server」の「WLS Security」に起因する脆弱性「CVE-2017-10271」。

Oracleでは、10月に公開した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて、同脆弱性をすでに修正済み。リモートより認証なしに攻撃が可能であり、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアは9.8と高く、容易に悪用が可能だとされている。

攻撃を観測したSANSのセキュリティ研究者によれば、攻撃コードは、少なくとも2017年12月下旬より公開されており、攻撃者がソフトウェアをインストールするために利用されていたという。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開