Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「こんな時期に発注書?」仕事納めのタイミング狙うマルウェアメールに注意を

年の瀬の忙しい時期に届いた「発注書」。添付ファイルの中身はマルウェアかもしれない。身に覚えのないメールを慌てて開かないよう、あらためて注意が必要だ。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、多くの組織において仕事納めも間近な12月27日に、発注書のやりとりに見せかけ、添付ファイルでマルウェアを送りつける攻撃が複数確認されたという。

件名に「12月度発注書送付」などと記載されたメールが送信されており、本文には、「12月度の発注書を添付資料にてお送りさせていただきます」などと記載されていた。

また、「Re: 12月度発注書送付」「Fwd: 12月度発注書送付」など、あたかも返信や転送されたメールに見せかけるケースも確認されているという。

(Security NEXT - 2017/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
Emotet感染、なりすましメールが送信 - 軽金属製品協会
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
マルウェア感染でなりすましメール送信 - パッケージメーカー
グループ会社で「Emotet」感染、なりすましメールが送信 - シナネン
「Emotet」に感染、なりすましメールに注意喚起 - 加藤製作所
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 群馬中央病院
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に