Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「こんな時期に発注書?」仕事納めのタイミング狙うマルウェアメールに注意を

年の瀬の忙しい時期に届いた「発注書」。添付ファイルの中身はマルウェアかもしれない。身に覚えのないメールを慌てて開かないよう、あらためて注意が必要だ。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、多くの組織において仕事納めも間近な12月27日に、発注書のやりとりに見せかけ、添付ファイルでマルウェアを送りつける攻撃が複数確認されたという。

件名に「12月度発注書送付」などと記載されたメールが送信されており、本文には、「12月度の発注書を添付資料にてお送りさせていただきます」などと記載されていた。

また、「Re: 12月度発注書送付」「Fwd: 12月度発注書送付」など、あたかも返信や転送されたメールに見せかけるケースも確認されているという。

(Security NEXT - 2017/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大