Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調

米政府は、2017年5月に登場したランサムウェア「WannaCrypt」の攻撃について、北朝鮮によるものであると断定し、名指しで非難した。

同ランサムウェアは、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」などの別名としても知られるマルウェア。

米政府から流出したとされる脆弱性を悪用。ネットワーク経由で感染を拡大するワームの機能を備えていた。

同問題に関して、国土安全保障アドバイザーを務めるTom Bossert氏は、12月19日にホワイトハウスの記者説明会へ登壇。慎重な調査の結果、同攻撃が北朝鮮によるものであると結論付け、同国を非難した。

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も