Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市

大阪府吹田市は、ウェブサイトに意見提出者の個人情報を閲覧できる状態で掲載していたことを明らかにした。

同市によれば、11月20日から12月5日までの間、ウェブサイト内の「文化会館(メイシアター)改修工事に関する説明会開催概要について」のページにおいて、個人情報を閲覧できる状態で掲載していたもの。

添付資料として、意見書提出者の氏名と所属を非表示にした状態の表計算ファイルを掲載していたが、非表示部分を再表示することで閲覧できる状態だったという。

今回の問題を受け、同市では個人情報を削除した資料に差し替えた。今後は掲載前に内容の再確認を徹底し、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2017/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ