Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校

森ノ宮医療学園専門学校のウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、アクセスすると外部サイトへ誘導される状態だったことがわかった。

同校によれば、利用するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」が不正アクセスを受けたもの。サイトの内容が書き換えられ、検索エンジンから同サイトへアクセスしようとすると、架空のタイヤ販売サイトへ誘導される状態だったという。

同校では、今回の改ざんを受けて12月1日17時から8日12時にかけて同サイトを停止。今回の不正アクセスによる情報流出については否定している。

同社では、攻撃を受けたサーバについて閉鎖。サイトの安全性を確認したうえであらたなサーバへ移行し、サイトを再開した。

(Security NEXT - 2017/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市