Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明

山と溪谷社が運営する登山情報サイト「ヤマケイオンライン」が不正アクセスを受け、会員情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、同サイト経由で会員のデータベースが不正アクセスを受けたもので、一部会員の個人情報が取得された可能性があるという。システムの脆弱性を突かれたことが原因と見られている。

11月29日に同サイトの会員から、会員メールアドレスにフィッシングメールが届いたとの報告を受けて同社で調査を行ったところ、今回の不正アクセスが判明。詳細については調査中としており、判明次第サイトで報告するとしている。また脆弱性については12月5日の時点ですでに解消済みとしている。

同社によれば、今回会員に届いたフィッシングメールは、広く出回っている「Apple」をかたるものだったと説明。メール中のリンクをクリックしたり、リンク先のサイトで個人情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
九州商船の予約サイトに不正アクセス、会員情報流出の可能性 - 不正ファイルが設置され外部通信
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
調理酢の販売サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出か
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ