Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明

山と溪谷社が運営する登山情報サイト「ヤマケイオンライン」が不正アクセスを受け、会員情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、同サイト経由で会員のデータベースが不正アクセスを受けたもので、一部会員の個人情報が取得された可能性があるという。システムの脆弱性を突かれたことが原因と見られている。

11月29日に同サイトの会員から、会員メールアドレスにフィッシングメールが届いたとの報告を受けて同社で調査を行ったところ、今回の不正アクセスが判明。詳細については調査中としており、判明次第サイトで報告するとしている。また脆弱性については12月5日の時点ですでに解消済みとしている。

同社によれば、今回会員に届いたフィッシングメールは、広く出回っている「Apple」をかたるものだったと説明。メール中のリンクをクリックしたり、リンク先のサイトで個人情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構