Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通

30万円分のギフト券を購入した際の受注メールに見せかけたマルウェアメールが流通している。あわてて添付ファイルなどを開けば、マルウェアに感染するおそれがあり、注意が必要だ。

三井住友カードを装い、マルウェアへ感染させようとするメールが不特定多数に送信されており、同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが注意を呼びかけたもの。

「ご注文ありがとうございました」などといった件名でメールは送信されており、本文には「VJAギフトカード1000円券×300枚のご注文ありがとうございます」といった内容を記載。受信者の不安を煽り、添付ファイルやリンクを開かせようとしていた。

ファイルの名称は、「VJAギフトカードインターネットショップ」「お振込口座変更のご連絡」など複数の種類が用いられており、誤って開くとマルウェアに感染するおそれがある。

三井住友カードでは、ギフトカードの購入や各種手続きに関して、ファイルを添付したメールを送信することはないと説明。心当たりのないメールを受信した場合は削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件