Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通

30万円分のギフト券を購入した際の受注メールに見せかけたマルウェアメールが流通している。あわてて添付ファイルなどを開けば、マルウェアに感染するおそれがあり、注意が必要だ。

三井住友カードを装い、マルウェアへ感染させようとするメールが不特定多数に送信されており、同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが注意を呼びかけたもの。

「ご注文ありがとうございました」などといった件名でメールは送信されており、本文には「VJAギフトカード1000円券×300枚のご注文ありがとうございます」といった内容を記載。受信者の不安を煽り、添付ファイルやリンクを開かせようとしていた。

ファイルの名称は、「VJAギフトカードインターネットショップ」「お振込口座変更のご連絡」など複数の種類が用いられており、誤って開くとマルウェアに感染するおそれがある。

三井住友カードでは、ギフトカードの購入や各種手続きに関して、ファイルを添付したメールを送信することはないと説明。心当たりのないメールを受信した場合は削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作