Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず

NTT東日本が提供するモバイルWi-Fiルータ「光ポータブル PWR-Q200」に、DNSキャッシュポイズニングの脆弱性「CVE-2017-10874」が含まれていることがわかった。すでにサポートを終了しており、利用の中止が呼びかけられている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品では、DNSクエリを送信する際のソースポート番号が固定されており、偽装したレスポンスによって、DNSのキャッシュ情報が汚染され、不正なサーバへの誘導などに悪用されるおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、NTT東では同製品のサポートを終了したと説明。利用時に注意するよう求めるとともに、ネットワーク内の端末より同ルータのキャッシュを参照せず、外部DNSサーバの情報を直接参照する方法をアナウンスした。

一方JVNでは、同製品のサポートはすでに終了していることから、同製品の利用を中止するよう注意を呼びかけている。

同脆弱性は、坂口俊文氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2017/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に重要度「高」の脆弱性2件 - アップデート実施を
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
「Drupal」がアップデートをリリース - XSS対策が不完全な脆弱性など修正
Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も