Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ

肥料や化粧品、健康食品などを扱う通信販売サイト「HB-101 ネットショップ本店サイト」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するフローラによれば、同サイトで利用するソフトウェアの脆弱性が突かれたもので、4月22日から5月22日の間に同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大635件が外部へ流出した可能性があるという。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

5月22日に決済代行会社から情報流出の可能性について指摘を受け、問題が発覚。クレジットカードによる決済を停止して外部へ調査を依頼し、9月に報告を受けた。

今回の問題を受けて同社では、個人情報保護委員会へ事態を報告。対象となる顧客に対し、メールや書面により個別に連絡を取っており、身の覚えのない請求が行われていないか、確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
九州商船の予約サイトに不正アクセス、会員情報流出の可能性 - 不正ファイルが設置され外部通信
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
調理酢の販売サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出か
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券