Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意

外務省の職員をかたった悪意あるメールが継続的に確認されているとして、同省では注意を呼びかけている。

同省の職員名をかたり、マルウェアが添付されたメールや、不審なサイトへのリンクが記載されたメールを送信するケースが継続的に確認されているとして、同省が注意喚起を行ったもの。

同省によれば、攻撃メールではタイムリーな国際情勢について言及。関連する担当者からの送信を装うなど手口が巧妙だという。同省では、発信元や内容に心当たりのないメールは、添付ファイルやURLなどを開かず、削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ポイント付与」口実にカード利用者を誘い込む偽サイト
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口