Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意

外務省の職員をかたった悪意あるメールが継続的に確認されているとして、同省では注意を呼びかけている。

同省の職員名をかたり、マルウェアが添付されたメールや、不審なサイトへのリンクが記載されたメールを送信するケースが継続的に確認されているとして、同省が注意喚起を行ったもの。

同省によれば、攻撃メールではタイムリーな国際情勢について言及。関連する担当者からの送信を装うなど手口が巧妙だという。同省では、発信元や内容に心当たりのないメールは、添付ファイルやURLなどを開かず、削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害