Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意

外務省の職員をかたった悪意あるメールが継続的に確認されているとして、同省では注意を呼びかけている。

同省の職員名をかたり、マルウェアが添付されたメールや、不審なサイトへのリンクが記載されたメールを送信するケースが継続的に確認されているとして、同省が注意喚起を行ったもの。

同省によれば、攻撃メールではタイムリーな国際情勢について言及。関連する担当者からの送信を装うなど手口が巧妙だという。同省では、発信元や内容に心当たりのないメールは、添付ファイルやURLなどを開かず、削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
心当たりないクレジット契約の通知に見せかけたマルウェアメール
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起