Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意

外務省の職員をかたった悪意あるメールが継続的に確認されているとして、同省では注意を呼びかけている。

同省の職員名をかたり、マルウェアが添付されたメールや、不審なサイトへのリンクが記載されたメールを送信するケースが継続的に確認されているとして、同省が注意喚起を行ったもの。

同省によれば、攻撃メールではタイムリーな国際情勢について言及。関連する担当者からの送信を装うなど手口が巧妙だという。同省では、発信元や内容に心当たりのないメールは、添付ファイルやURLなどを開かず、削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加