Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校

佐賀県は、県立高校の教員が、データ化した生徒の答案用紙を模範解答と誤り、生徒に配信していたことを明らかにした。

同県教委によれば、10月19日に高校の教員が自分が作成した模範解答のファイルと誤り、関係ない答案用紙を生徒に配信したもの。19日に高校の生徒が気付き、教員に伝えたことで判明した。

問題のファイルは、県立中学校の採点済みの答案用紙39人分。前日18日に中学校教員がスキャンし、校内のLAN上に保存したままだったという。

誤って配信された答案用紙のファイルについて、11人が自分の学習用パソコンに保存し、6人がファイルを閲覧していた。外部への流出はないという。保存したファイルは、職員の立ち会いのもと削除した。

答案用紙が漏洩した生徒には説明と謝罪を行い、保護者に対しては電話または家庭を訪問し、謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2017/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大