Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、委託先の近畿日本ツーリストにおいてメールの誤送信が発生し、講座受講者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、10月12日11時半ごろ、同大と東京都が実施している観光人材育成講座の申込者に送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。近畿日本ツーリストの担当者が送信先のメールアドレス25件を誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日に受信者から指摘があり誤送信が判明。近畿日本ツーリストでは対象となる申込者にメールと電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。また同大では、近畿日本ツーリストに対し再発防止の徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大