Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出

理想科学工業の通信販売サイトにおいて過去に提供していた会員サービスが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性が判明したのは、コンシューマー向け通販サイト「RISOオンラインショップ」で、過去に提供されていた「リソーゴッコスクラブ」の会員情報616件。電話番号、メールアドレス、同サービスのログインパスワードが含まれる。

同サービスで利用していた全研本社のECサイト構築システム「Allin1OFFiCE」が不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることを、同月11日に全研より報告を受けたという。

同会員サービスは、プリントゴッコ関連製品の販売終了にともない、2012年12月28日に終了しており、同社では、同システムで保管していたリソーゴッコスクラブの会員データを削除した。対象となる顧客に対し、メールと書面により報告と謝罪を行う。

また今回の問題について、現在運営している「RISOオンラインショップ」については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日産化学工業、不正アクセスに関する調査結果を公表 - 痕跡は確認されず
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
「STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2017」がスタート - 「パスワードリスト攻撃」による被害軽減目指す
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害