Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出

理想科学工業の通信販売サイトにおいて過去に提供していた会員サービスが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性が判明したのは、コンシューマー向け通販サイト「RISOオンラインショップ」で、過去に提供されていた「リソーゴッコスクラブ」の会員情報616件。電話番号、メールアドレス、同サービスのログインパスワードが含まれる。

同サービスで利用していた全研本社のECサイト構築システム「Allin1OFFiCE」が不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることを、同月11日に全研より報告を受けたという。

同会員サービスは、プリントゴッコ関連製品の販売終了にともない、2012年12月28日に終了しており、同社では、同システムで保管していたリソーゴッコスクラブの会員データを削除した。対象となる顧客に対し、メールと書面により報告と謝罪を行う。

また今回の問題について、現在運営している「RISOオンラインショップ」については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因