Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト

ビットフォレストは、ウェブアプリケーション脆弱性検査サービス「VAddy」を、オープンソースの開発者向けに無償で提供する取り組みを開始した。

同サービスは、月額料金制のウェブアプリケーション脆弱性検査サービス。同社の基準を満たすオープンソースソフトウェア開発会社向けに、月額2万1384円で提供している「Professionalプラン」を無償で提供するという。

手はじめに、キャッチアップが開発し、2009年10月にオープンソース化した「baserCMS」への提供を開始。「SQLインジェクション」などすでに脆弱性が発見されており、修正版プログラムに反映されたという。

無償提供の申し込みは、VAddy事務局で受け付けている。

(Security NEXT - 2017/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調