Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求

Amazonを装い架空の請求書を送りつけ、キャンセル手続きなどと称して個人情報を詐取するフィッシング攻撃が確認されている。

20170922_ap_001.jpg
請求書を装ったフィッシングメール(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会が、Amazonをかたったフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を行ったもの。

問題のメールは「注文通知:Launchpad Pro 2017年9月21日」という件名で送信されており、メールの本文は請求書の体裁になっていた。

配送先としてトルコの住所が指定されており、Amazon.co.jpを装うもドルベースの請求を記載。注文に心当たりがない場合はキャンセル手続きが必要などとして、本文に記載したリンクからフィッシングサイトへ誘導する。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「.htaccess」ファイル改ざんに注意 - CMSが標的に
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に