Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都

東京都において、農産物栽培協力者の個人情報が記載された名簿が所在不明となっている。

都によれば、8月29日に開催された種イモ選別会において、選別技術指導のために出席した農業振興事務所の職員が名簿を紛失したもの。同月31日に選別会の資料を確認したところ、名簿がないことに気が付いた。

問題の名簿には、イモ栽培協力者39人および4法人の氏名、住所、電話番号が記載されている。

選別会の開催中、名簿はクリアファイルに入れた状態で会場内に置かれていたが、以降の所在がわからないという。

都では、対象となる栽培協力者に説明と謝罪を行っているが、名簿の不正利用などは報告されていない。

(Security NEXT - 2017/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市