Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出

ジェネシス・イーシーが提供するECサイトの構築運営サービスが不正アクセスを受け、同システムを利用した複数サイトにおいて、セキュリティコードを含むクレジットカード情報が外部へ流出したことがわかった。

「Genesis-EC」は、オンラインショップの構築や運営機能を提供しているASPサービス。同社によれば、3月23日から5月18日にかけて同サービスを利用する18社の通信販売サイトにおいて、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が外部へ流出したという。

最大9458件のクレジットカード情報で、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカードでは、すでに不正利用の被害が確認されている。

同社では、5月9日に同システムを導入しているサイトの運営者や決済代行会社から、情報流出の可能性について指摘を受け、5月18日に決裁を停止。外部事業者による調査を行っていた。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
九州商船の予約サイトに不正アクセス、会員情報流出の可能性 - 不正ファイルが設置され外部通信
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
調理酢の販売サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出か
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト