Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出

ジェネシス・イーシーが提供するECサイトの構築運営サービスが不正アクセスを受け、同システムを利用した複数サイトにおいて、セキュリティコードを含むクレジットカード情報が外部へ流出したことがわかった。

「Genesis-EC」は、オンラインショップの構築や運営機能を提供しているASPサービス。同社によれば、3月23日から5月18日にかけて同サービスを利用する18社の通信販売サイトにおいて、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が外部へ流出したという。

最大9458件のクレジットカード情報で、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカードでは、すでに不正利用の被害が確認されている。

同社では、5月9日に同システムを導入しているサイトの運営者や決済代行会社から、情報流出の可能性について指摘を受け、5月18日に決裁を停止。外部事業者による調査を行っていた。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス