Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応

フィッシング対策協議会は、8月24日に続いて再び「Apple」を装うフィッシング攻撃の報告を受けていることから注意喚起を行った。複数確認されたフィッシングサイトは、いずれも暗号化通信へ対応していたという。

20170830_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、実在しない領収書をメールで送りつけて不安を煽り、支払いのキャンセルフォームに見せかけて偽サイトへ誘導する手口。

メールでは3種類のURLを使い分け、偽サイトへ誘導。さらに誘導先から10件のURLへと転送を行っていた。

最終的にたどり着くフィッシングサイトは、いずれも、HTTPSによる暗号化通信に対応。正規サイトに見せかけるため、サブドメインに「appleid.com」の文字列を含ませていた。

同協議会によれば、8月30日の時点でフィッシングサイトが稼働しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加