Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応

フィッシング対策協議会は、8月24日に続いて再び「Apple」を装うフィッシング攻撃の報告を受けていることから注意喚起を行った。複数確認されたフィッシングサイトは、いずれも暗号化通信へ対応していたという。

20170830_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、実在しない領収書をメールで送りつけて不安を煽り、支払いのキャンセルフォームに見せかけて偽サイトへ誘導する手口。

メールでは3種類のURLを使い分け、偽サイトへ誘導。さらに誘導先から10件のURLへと転送を行っていた。

最終的にたどり着くフィッシングサイトは、いずれも、HTTPSによる暗号化通信に対応。正規サイトに見せかけるため、サブドメインに「appleid.com」の文字列を含ませていた。

同協議会によれば、8月30日の時点でフィッシングサイトが稼働しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中