Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応

フィッシング対策協議会は、8月24日に続いて再び「Apple」を装うフィッシング攻撃の報告を受けていることから注意喚起を行った。複数確認されたフィッシングサイトは、いずれも暗号化通信へ対応していたという。

20170830_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、実在しない領収書をメールで送りつけて不安を煽り、支払いのキャンセルフォームに見せかけて偽サイトへ誘導する手口。

メールでは3種類のURLを使い分け、偽サイトへ誘導。さらに誘導先から10件のURLへと転送を行っていた。

最終的にたどり着くフィッシングサイトは、いずれも、HTTPSによる暗号化通信に対応。正規サイトに見せかけるため、サブドメインに「appleid.com」の文字列を含ませていた。

同協議会によれば、8月30日の時点でフィッシングサイトが稼働しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃 - 「72時間以内にアカウント停止」と不安煽る
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導