Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載

防衛装備に関する報告書を装った添付ファイルを用いて、マルウェアへ感染させるメールが出回っている。サンドボックスや静的解析を回避する機能を備えていたという。

注意喚起を行ったマクニカネットワークスによれば、日本の防衛関連組織を標的とする攻撃キャンペーンが確認されたもの。「APT12」「Numbered Panda」といった名称で知られる攻撃グループが関与していると見られる。同社では、最近になって同攻撃グループが関連する攻撃をたびたび確認しているという。

問題のファイルは実行ファイルだが、アイコンや二重の拡張子を用いて「Wordファイル」や「PDFファイル」を偽装。いずれも「航空機及び航空機搭載機器並びに誘導武器等の要素技術についての考案、調査研究及び試験評価」というファイル名が付けられていた。

防衛装備庁のウェブサイトにおいて、航空装備研究所航空機技術研究部の概要紹介でファイル名とまったく同様の文言が記載されており、攻撃者がソーシャルエンジニアリングのために流用したものと見られる。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い