Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載

防衛装備に関する報告書を装った添付ファイルを用いて、マルウェアへ感染させるメールが出回っている。サンドボックスや静的解析を回避する機能を備えていたという。

注意喚起を行ったマクニカネットワークスによれば、日本の防衛関連組織を標的とする攻撃キャンペーンが確認されたもの。「APT12」「Numbered Panda」といった名称で知られる攻撃グループが関与していると見られる。同社では、最近になって同攻撃グループが関連する攻撃をたびたび確認しているという。

問題のファイルは実行ファイルだが、アイコンや二重の拡張子を用いて「Wordファイル」や「PDFファイル」を偽装。いずれも「航空機及び航空機搭載機器並びに誘導武器等の要素技術についての考案、調査研究及び試験評価」というファイル名が付けられていた。

防衛装備庁のウェブサイトにおいて、航空装備研究所航空機技術研究部の概要紹介でファイル名とまったく同様の文言が記載されており、攻撃者がソーシャルエンジニアリングのために流用したものと見られる。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ