Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市

岐阜市消防本部において、不正に持ち出された高齢者の個人情報が記載された名簿が所在不明となっている。

同市によれば、消防本部の職員が不正に持ち出した同市および瑞穂市在住の高齢者世帯名簿が紛失したもの。65歳以上の一人暮らし世帯、および75歳以上の高齢者世帯の個人情報が含まれる。

同市消防本部では、システム監視体制の強化など再発防止策を講じる。また今回の紛失に関し、消防本部が高齢者に直接連絡することはないとして、不審な連絡には応対しないよう注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
市立小学校で児童の個人情報含む名簿を紛失 - 船橋市
食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市