Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本

九州自動車道の一部インターチェンジに設置された情報板において、実際は生じていない緊急情報が誤って表示されていたことがわかった。

西日本高速道路(NEXCO西日本)によれば、NEXCO西日本九州支社が8月15日18時半過ぎ、九州自動車道の西都IC、宮崎西IC、清武ICに設置された情報板へ誤った情報を表示したもの。

「ミサイル落下情報通行止」を16分間、「ミサイル発射情報あり」を4分間にわたって表示した。

同社では誤表示の原因について、人為的ミスと説明。情報板への新規項目の登録や表示に関する試験調整を行っていた際に発生したという。

今後は再発防止に向けて、試験調整実施時の作業手順を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ