Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「電力需給ひっ迫」との緊急速報メール、約200万件超へ誤送信

経済産業省は、電力不足を通知する緊急速報の通知メールを誤って送信したことを明らかにした。

同省では電力供給不足が生じた際の緊急対策として、携帯電話利用者へ節電をメールで呼びかけるシステムを構築しているが、実際に電力不足が発生していないにも関わらず、資源エネルギー庁のミスにより、誤って緊急速報の「エリアメール」を誤送信した。

同庁では、事前連絡の上で一部にテストメールを送信する訓練を毎年実施していたが、その際にミスが発生。8月9日9時半過ぎ、北海道のNTTドコモ利用者のメールアドレス宛に「(テスト:緊急)電力需給ひっ迫」との内容で送信した。ミスが判明し、同庁では送信から約40分後に対象者へ訂正と謝罪のメールを再度送信している。

誤送信の対象となった宛先の件数について、同省では当初約84万件としていたが、NTTドコモが実施した再調査により、少なくとも約200万件の端末宛に送信されたことが判明、訂正している。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市