Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 北國銀

北國銀行は、2カ所の指定信用情報機関に対し、一部顧客の契約情報を誤った内容で登録したことを明らかにした。ローンやクレジット契約に影響が生じた可能性があるという。

同行によれば、指定信用情報機関のシステムに顧客情報を登録する際、一部顧客の属性情報、利用残高、延滞回数などの情報について誤った内容で登録していたもの。

誤登録の期間は信用情報機関によって異なり、CICについては2011年4月から2017年4月まで誤った情報を登録していた。245人に関して他金融機関においてローンやクレジット契約を行う際、与信判断に影響を与えた可能性がある。

またJICCに対しては2012年1月から2017年4月にかけて誤った情報を登録。131人が影響を受けた可能性があるという。いずれも、登録手続き上のミスが原因としている。

同行では、誤った登録情報の修正を行うとともに、ローン契約やクレジット契約で影響を受けた可能性のある顧客に対し、書面による案内を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
バイドゥ、IME入力情報は「ログ情報」と釈明 - オフ時の外部送信は「バグ」
書類の紛失や誤送付など個人情報関連の事故5件を公表 - 住宅金融支援機構
セガ欧州子会社に不正アクセス、約129万人の顧客情報が流出
店舗が郵送した顧客情報含む入会申込書などが所在不明に - ビームス
顧客情報含む書類の誤送付や紛失など事故6件を公表 - 住宅金融支援機構
個人情報保護法違反で勧告を受けたソニーファイナンスが報告書 - 信用情報漏洩は3806件に
ソニーファイナンスが是正勧告を受けて調査報告 - 信用情報2139件の漏洩が判明
ソニーファイナンスとUFJニコスに個人情報保護法違反で是正勧告
消費者金融ディック、誤って信用情報を債権譲渡先へ提供