Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット

ヤマトクレジットファイナンスは、システムの不具合により、指定信用情報機関に一部顧客の支払情報が誤った内容で登録されたことを明らかにした。クレジットやローンの契約に影響が生じた可能性があるという。

同社によれば、顧客情報を指定信用情報機関のシステムに登録する際、一部顧客の1月から3月の支払いに関する情報が誤った内容で登録されたもの。システムの不具合が原因としている。

誤った情報が登録されていた機関は顧客ごとに異なるが、最長で2月10日から5月28日までの約3カ月半に及ぶという。同期間中、対象の顧客があらたなクレジット契約やローン契約の申し込みをした場合、影響が生じた可能性がある。

同社では誤った登録情報の訂正を行うとともに、対象となる顧客には通知の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

観光列車予約システムに不具合、別の顧客情報を表示 - 西鉄
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ