Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害

オンラインゲーム「剣と魔法のログレスいにしえの女神」において顧客のアカウントが売買され、開発企業の従業員が逮捕された事件で、27件のアカウントが被害に遭ったことがわかった。

同事件は、同ゲームをマーベラスと共同で開発したAimingの元従業員が、ゲーム運営の管理権限を利用。顧客が利用するゲーム内アカウントの引き継ぎコードを不正に入手し、リアルマネートレード(RMT)サイトで売買していたことが判明したもの。不正アクセスと詐欺などの容疑で大阪府警に逮捕された。

社内調査の結果、27件のアカウントが同様の手口で売買されたことを確認した。対象アカウントの一部については、データを復旧し、返却したという。また逮捕された従業員を6月29日付けで懲戒解雇処分とした

同社では、運用管理権限者が引き継ぎコードを閲覧できないしくみに変更。利用者にはメールなどで間接的に引き継ぎコードを案内する方式を採用するなど、運営管理システムのセキュリティ強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット
オンラインゲームの再開、来週以降となる見込み - マイネット
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
「ドラクエX」のチート行為で処分 - 「情報拡散も重大な問題」
ゲームツールの探索行為が増加 - 踏み台に悪用されるおそれ
セガが「PSO2」を順次再開、課金サービスも - 「DDoS攻撃は小康状態」