Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付PDFファイルから偽サイトへ誘導するフィッシング - HTTPS接続も利用

「Apple」を装い、情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。PDFファイル内のリンクよりフィッシングサイトへ誘導するほか、複数の誘導先ではHTTPS接続に対応していたという。

20170705_ap_001.jpg
誘導に悪用されたPDFファイル(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「AppIelD情報が更新されました」「あなたのアカウントを確認する」といった件名で送信されているという。

メールの本文では、受信者のメールアドレスが変更されたなどと説明。

添付されているPDFファイルを開くように指示し、セキュリティ上の問題があったなどと不安を煽ってファイル内のリンクよりフィッシングサイトへ誘導、アカウント情報やクレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開