Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも

セキュアブレインは、情報窃取を目的に組織を狙うサイバー攻撃に対し、対策情報などを提供するサービスを開始した。

「サイバースパイ対策情報サービス」は、同社が把握している脅威の特徴や、対策に必要な情報などを提供するサービス。運用するセキュリティ対策製品などのポリシーに活用することができる。

基本サービスの「Basic対策情報サービス」では、脅威情報を年12回提供。過去1カ月の攻撃トレンドにくわえ、コマンド&コントロール(C&C)サーバのIPアドレスやドメイン名、マルウェアのハッシュ値、エクスプロイトのCVE番号、攻撃者の基本情報など脅威情報のほか、攻撃への対策と今後の見解を提供する。

また、「Advanced対策情報サービス」をオプションとして用意。特定の攻撃者を長期にわたって観測し、判明した攻撃者の活動情報やC&Cサーバ情報、攻撃に使われたマルウェアの詳細などを年4回提供する。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
日商エレと名大、サイバーセキュリティ分野で技術協力や人材交流
NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施
ノベル、ID追跡機能を強化したSIEM製品新版
IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス