Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも

セキュアブレインは、情報窃取を目的に組織を狙うサイバー攻撃に対し、対策情報などを提供するサービスを開始した。

「サイバースパイ対策情報サービス」は、同社が把握している脅威の特徴や、対策に必要な情報などを提供するサービス。運用するセキュリティ対策製品などのポリシーに活用することができる。

基本サービスの「Basic対策情報サービス」では、脅威情報を年12回提供。過去1カ月の攻撃トレンドにくわえ、コマンド&コントロール(C&C)サーバのIPアドレスやドメイン名、マルウェアのハッシュ値、エクスプロイトのCVE番号、攻撃者の基本情報など脅威情報のほか、攻撃への対策と今後の見解を提供する。

また、「Advanced対策情報サービス」をオプションとして用意。特定の攻撃者を長期にわたって観測し、判明した攻撃者の活動情報やC&Cサーバ情報、攻撃に使われたマルウェアの詳細などを年4回提供する。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
米Palo Alto、ICPOとデータ交換協定を締結
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
富士通、米国土安全保障省の脅威情報共有「AIS」と連携
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート