Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社

医薬品情報のデータベースを提供しているオフィス・トウェンティーワンは、同社ウェブサイトが不正アクセスを受け、サイトに登録している顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、ウェブサイトに登録した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーIDと暗号化されたパスワードなどが流出した可能性が判明したもの。

外部より個人情報へアクセスができる状態となっており、6月4日にアクセスされた可能性が判明した。同社は同日にサイトを停止し、詳細について調査を進めている。

同社では、対象となる顧客へ個別に連絡する。また再発防止に向けたセキュリティ対策を実施し、安全確認を行ったうえでサイトを再開する予定としている。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社