Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社

医薬品情報のデータベースを提供しているオフィス・トウェンティーワンは、同社ウェブサイトが不正アクセスを受け、サイトに登録している顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、ウェブサイトに登録した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーIDと暗号化されたパスワードなどが流出した可能性が判明したもの。

外部より個人情報へアクセスができる状態となっており、6月4日にアクセスされた可能性が判明した。同社は同日にサイトを停止し、詳細について調査を進めている。

同社では、対象となる顧客へ個別に連絡する。また再発防止に向けたセキュリティ対策を実施し、安全確認を行ったうえでサイトを再開する予定としている。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で