Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催

日本シーサート協議会(NCA)は、設立10周年の記念イベント「NCA 10th Anniversary Conference」を8月に都内で開催する。一部会員以外も参加可能で、講演やパネルディスカッション、ライトニングトーク、展示などが予定されている。

同協議会は、共通の課題を持つ各事業者のCSIRTが連携することを目指し、2007年3月に発足。現在は、232組織が参加している。2017年で設立10周年を迎えたことから、記念イベントを企画した。

CSIRTのあり方や次世代CSIRT、インシデントマネジメントについての考察や、CSIRTの交流、功労者の表彰などを目的とした企画を、8月23日から25日にわたって実施する。

23日と24日は、講演やパネルディスカッション、ライトニングトーク、展示などを実施。会員でなくても、インシデントマネジメントに興味があれば、参加できる。25日は同協議会の会員限定となり、総会などが予定されている。

会場はヒューリックホール&カンファレンス。参加費は2万円。詳細は、6月公開予定の公式サイトから。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割