Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催

日本シーサート協議会(NCA)は、設立10周年の記念イベント「NCA 10th Anniversary Conference」を8月に都内で開催する。一部会員以外も参加可能で、講演やパネルディスカッション、ライトニングトーク、展示などが予定されている。

同協議会は、共通の課題を持つ各事業者のCSIRTが連携することを目指し、2007年3月に発足。現在は、232組織が参加している。2017年で設立10周年を迎えたことから、記念イベントを企画した。

CSIRTのあり方や次世代CSIRT、インシデントマネジメントについての考察や、CSIRTの交流、功労者の表彰などを目的とした企画を、8月23日から25日にわたって実施する。

23日と24日は、講演やパネルディスカッション、ライトニングトーク、展示などを実施。会員でなくても、インシデントマネジメントに興味があれば、参加できる。25日は同協議会の会員限定となり、総会などが予定されている。

会場はヒューリックホール&カンファレンス。参加費は2万円。詳細は、6月公開予定の公式サイトから。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化