Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染も行政ネットワークに影響なし - 川崎市

神奈川県川崎市は、同市上下水道局の業務端末1台がランサムウェア「WannaCrypt」に感染したことを公表した。感染の拡大は確認されておらず、行政情報システムなどへの影響もなかった。

同市によれば、感染被害が発生したのは、上下水道局が国際事業推進業務で使用しているパソコン。5月12日の業務終了時に異常は見られなかったが、週明け15日の始業時にパソコンを起動したところ、身代金を要求する画面が表示された。

ランサムウェアに感染したパソコンは、データの送受信や海外関係先との連絡調整などを行うため、インターネットへ直接接続していたという。

同市の行政情報ネットワークとは切り離して運用しており、上下水道施設や行政情報システムなどへの影響は確認されていない。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減