Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染も行政ネットワークに影響なし - 川崎市

神奈川県川崎市は、同市上下水道局の業務端末1台がランサムウェア「WannaCrypt」に感染したことを公表した。感染の拡大は確認されておらず、行政情報システムなどへの影響もなかった。

同市によれば、感染被害が発生したのは、上下水道局が国際事業推進業務で使用しているパソコン。5月12日の業務終了時に異常は見られなかったが、週明け15日の始業時にパソコンを起動したところ、身代金を要求する画面が表示された。

ランサムウェアに感染したパソコンは、データの送受信や海外関係先との連絡調整などを行うため、インターネットへ直接接続していたという。

同市の行政情報ネットワークとは切り離して運用しており、上下水道施設や行政情報システムなどへの影響は確認されていない。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも