Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染も行政ネットワークに影響なし - 川崎市

神奈川県川崎市は、同市上下水道局の業務端末1台がランサムウェア「WannaCrypt」に感染したことを公表した。感染の拡大は確認されておらず、行政情報システムなどへの影響もなかった。

同市によれば、感染被害が発生したのは、上下水道局が国際事業推進業務で使用しているパソコン。5月12日の業務終了時に異常は見られなかったが、週明け15日の始業時にパソコンを起動したところ、身代金を要求する画面が表示された。

ランサムウェアに感染したパソコンは、データの送受信や海外関係先との連絡調整などを行うため、インターネットへ直接接続していたという。

同市の行政情報ネットワークとは切り離して運用しており、上下水道施設や行政情報システムなどへの影響は確認されていない。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害