Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SOY CMS」にディレクトリトラバーサルなど複数の脆弱性

日本情報化農業研究所が提供するオープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)「SOY CMS」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、ログインできる利用者によって任意のPHPコードが実行可能となるディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2017-2163」がファイルマネージャーに存在。

またブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-2164」がインストーラーに判明したという。

今回の脆弱性を受けて、日本情報化農業研究所では、脆弱性を修正。さらに機能の変更や追加を行った「同1.8.13」を4月19日にリリースしている。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 8月8日にアップデート予定
Juniper製FWの「ScreenOS」に複数のXSS脆弱性