Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SOY CMS」にディレクトリトラバーサルなど複数の脆弱性

日本情報化農業研究所が提供するオープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)「SOY CMS」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、ログインできる利用者によって任意のPHPコードが実行可能となるディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2017-2163」がファイルマネージャーに存在。

またブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-2164」がインストーラーに判明したという。

今回の脆弱性を受けて、日本情報化農業研究所では、脆弱性を修正。さらに機能の変更や追加を行った「同1.8.13」を4月19日にリリースしている。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 脆弱性37件を解消
「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性 - アップデートがリリース
無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性
複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.7.5」がリリース - 即時更新を推奨
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
Apple、スマートデバイス向けに「iOS 10.3.2」をリリース - 脆弱性41件を解消
Apple、セキュリティアップデート「iOS 10.3.1」を公開
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
「Intel AMT」や「標準管理機能」などに深刻な脆弱性