Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ

2017年第1四半期に届出があった脆弱性は145件で、そのうちソフトウェア製品が88件を占めた。「情報家電」や「ルータ」などいわゆる「IoT機器」に関する届け出も目立つ。

20170426_ip_001.jpg
届け出件数(表:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、2017年第1四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期は145件の届け出があった。前四半期の242件から大きく減少している。

脆弱性の届け出は、2016年第2四半期に753件と急増したが、一時的な現象にとどまり、その後は200件前後で推移している。

届出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が88件。ウェブサイトに関する脆弱性が57件。いずれも前四半期から減少した。同四半期における就業日あたりの届出件数は4.21件。前四半期の4.25件を下回った。

届出の受付を開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェアが3520件、ウェブサイトが9541件。あわせると1万3061件で、ウェブサイトに関する届出が全体の約7割を占める。

(Security NEXT - 2017/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表