Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か

日本語能力試験(JLPT)の国内受験者について管理するシステム「MyJLPT」が不正アクセスを受け、一部の受験者の顔写真が流出した可能性があることがわかった。

同試験は、日本語を母語としない人を対象に、日本語の能力を測定、認定する試験。国際交流基金(JF)と日本国際教育支援協会(JEES)が共催している。

同システムを運用するJEESによれば、2月17日にシステムが不正アクセスを受け、一部の受験者の顔写真データが流出した可能性が判明したという。顔写真に紐付く氏名や受験番号、成績などは含まれないと説明している。

同協会ではシステムを修正。対象となる受験者に対し、書面で報告を行う。

(Security NEXT - 2017/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出