Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か

日本語能力試験(JLPT)の国内受験者について管理するシステム「MyJLPT」が不正アクセスを受け、一部の受験者の顔写真が流出した可能性があることがわかった。

同試験は、日本語を母語としない人を対象に、日本語の能力を測定、認定する試験。国際交流基金(JF)と日本国際教育支援協会(JEES)が共催している。

同システムを運用するJEESによれば、2月17日にシステムが不正アクセスを受け、一部の受験者の顔写真データが流出した可能性が判明したという。顔写真に紐付く氏名や受験番号、成績などは含まれないと説明している。

同協会ではシステムを修正。対象となる受験者に対し、書面で報告を行う。

(Security NEXT - 2017/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で