Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市

大阪府堺市は、関係者へ送信した4通のメールにおいて、メールアドレスが流出したことを明らかにした。4月より運用を開始したメール誤送信防止システムの設定ミスが原因だという。

同市によれば、4月10日よりメールの誤送信防止システムを運用開始したが、「BCC」に入力したメールアドレスを宛先に自動変換するよう誤って設定していたことから、誤送信が発生した。同日11時ごろミスに気付き、自動変換機能を停止したという。

変換機能を停止するまでの約2時間に4通のメールが送信され、いずれも受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。税理士と民間企業宛てに送信したメールのメールアドレス142件をはじめ、報道機関の9件、市審査会委員の16件、議員の52件、あわせて219件のメールアドレスが流出したという。

同市では、対象となる関係者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼。再発を防ぐため、システム要件や設定内容、テスト結果の確認を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
賛助会員向け案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪観光局
情報メールの誤送信で顧客のメアド流出 - 不動産会社
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
情報提供メールの誤送信でメアド流出 - 宮城県
キャンペーンメールを誤送信 - 外国人向け携帯電話サービス会社
業務メール誤送信で関係者のメアド流出 - 労働者健康安全機構
再就職訓練事業の委託先でメール誤送信が発生 - 大阪府
宿泊予約者の個人情報をメールで誤送信 - 西鉄ホテルズ