Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GIGABYTE BRIXのUEFIファームウェア保護に脆弱性 - 一部はEOLで修正なし

GIGABYTEが提供するMini-PC「GIGABYTE BRIX」の「GB-BSi7H-6500」「GB-BXi7-5775」向けに提供された「UEFIファームウェア」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

Cylanceが2件の脆弱性を2016年12月に発見。ベンダーやCERT/CCへの報告を経て公表したもの。

ファームウェアの書き込みを保護する機能に「CVE-2017-3197」が含まれているほか、「UEFIファームウェアアップデート」が署名されていない問題「CVE-2017-3198」が存在。さらにチェックサムがない状態でHTTP経由により提供されているという。

脆弱性を悪用されると、ファームウェアレベルでのコード実行や、バックドアの設置などが行われる可能性があるほか、サービス拒否が生じるおそれがある。

GIGABYTEでは、「GB-BSi7H-6500」向けにファームウェア「F7」を4月中にリリースし、修正する予定だが、「GB-BXi7-5775」についてはサポートが終了しており、修正プログラムの提供は行われない見込み。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ