Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども

情報処理推進機構(IPA)は、2月に発表した産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始した。重要インフラや産業基盤に対するサイバー攻撃への防御力強化を目指し、活動を展開していく。

20170403_ip_001.jpg
センター発足後の組織図(図:IPA)

同センターでは、社会インフラや産業基盤へのサイバー攻撃に対する防御力を高めるため、人材育成や制御システムの安全性検証、攻撃情報の調査、分析などを行う。

なかでも人材育成事業では、7月より「中核人材育成プログラム」を開始する予定。

情報系システムから制御系システムまでを想定した模擬プラントを設置。安全性の検証や早期復旧の演習を行う。

社会インフラや産業基盤事業者において、必要なセキュリティ対策を判断できる人材の育成に向けたプログラムを提供するほか、経営層や部門長、責任者に対してサイバーセキュリティ対策の必要性を啓発するトレーニングプログラムを提供していく。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上