Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども

情報処理推進機構(IPA)は、2月に発表した産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始した。重要インフラや産業基盤に対するサイバー攻撃への防御力強化を目指し、活動を展開していく。

20170403_ip_001.jpg
センター発足後の組織図(図:IPA)

同センターでは、社会インフラや産業基盤へのサイバー攻撃に対する防御力を高めるため、人材育成や制御システムの安全性検証、攻撃情報の調査、分析などを行う。

なかでも人材育成事業では、7月より「中核人材育成プログラム」を開始する予定。

情報系システムから制御系システムまでを想定した模擬プラントを設置。安全性の検証や早期復旧の演習を行う。

社会インフラや産業基盤事業者において、必要なセキュリティ対策を判断できる人材の育成に向けたプログラムを提供するほか、経営層や部門長、責任者に対してサイバーセキュリティ対策の必要性を啓発するトレーニングプログラムを提供していく。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など