Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害

2016年に発生したオンラインバンキングにおける不正送金被害は1291件で、被害額は16億8700万円だった。いずれも前年から改善した。

20170331_np_003.jpg
不正送金発生件数の推移(グラフ:警察庁)

警察庁によれば、2016年に発生したオンラインバンキングにおける不正送金被害は1291件。

前年の1495件から204件減少した。被害額は16億8700万円で、前年の30億7300万円から大幅に縮小している。

背景には、大口法人口座における被害の減少があったという。

被害に遭った金融機関は150機関で、地方銀行が64行、信用金庫が33金庫、農業協同組合が20組合、都市銀行およびネット専業銀行、信託銀行、その他の銀行が17行、信用組合が11組合、労働金庫が5金庫だった。

20170331_np_002.jpg
不正送金被害額の状況(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向